MENU

遠くまで飛ばすのは力ではない

ゴルフというのは老若男女問わずに楽しめるスポーツのひとつです。しかし年齢とともに飛距離が落ちてきたと悩んでいるかたも多いと聞きます。その方のほとんどが、力が落ちてきたから仕方がないとあきらめています。しかし飛距離が落ちてきたのは、実は力が原因ではないのです。確かに力が落ちてきたのも理由のひとつですが、飛距離をのばすのにはヘッドスピードを上げるのがいいのです。そのためには、早く触れるようなきちんとしたフォームをつくることです。そのためには自分の現在の型をしるためにビデオで撮って研究するのがいいと思います。自分ではきちんとしているつもりが、案外崩れているものです。客観的に見てみることで自分のダメなところに気づくと思います。それでもわからない時は、他人にアドバイスを求めるのもいいと思います。打ちっぱなしに行った時、隣にいる方に聞いてみるのもいいと思います。
そしてもうひとつ、下半身を鍛えるといいと思います。歳を重ねると体も衰えてきますので、スクワットやマラソンなど下半身強化をしてみるといいでしょう。
そしてもうひとつは、あまり余計なことを考えずに楽にスイングすることです。少しでも遠くに飛ばそうとすると力んでしまいフォームが崩れてしまいます。体の力を抜くと案外飛距離が伸びたりします。
あとはさらに理想のスイングに近づけるにはゴルフクラブを股に挟んで、腰の回転の感覚を体に染みつけていくようにしてみましょう。私もそれで飛距離をのばすことができました。ゴルフドライバーランキングでもおすすめのドライバーをご紹介しているのでそちらもご覧ください。

このページの先頭へ