MENU

ゴルフ歴の長い方必見!さらに飛距離を伸ばす2つのコツ!

ゴルフとは、ボールをクラブで打ち、ホールに入れるまでの打数をカウントし、どれだけ少ないスコアでコースを回れるかを競うスポーツです。より少ないスコアを出すには飛距離が重要になってきますが、どうしたら伸びるのでしょうか?今回は、飛距離が伸びずに悩むゴルフ歴の長い方に向けて、解決策をご紹介します。

 

 

・ゴルフの魅力
大自然の中で開放的にプレイでき、集中力も養えるのがゴルフの魅力です。
世代や性別を問わず楽しめますし、ストレスの解消になる素晴らしいスポーツです。
若い世代でもゴルフに挑戦する方が増えてきています。ドライバーにうまく力を伝えて、飛距離が伸びると達成感に満たされます。

 

 

・初心に帰ることが大事
ゴルフ歴は長いのに、なかなか飛距離が伸びずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。若い世代がゴルフにチャレンジする機会も多くなり、負けたくないと思う方もいらっしゃるでしょう。そんなスランプに陥り気味のゴルフプレーヤーの方は、初心に帰り、基本をもう一度見直してみると、解決策が見つかることがあります。

 

 

・まずはインパクトでの頭の位置を意識する
ドライバーショットを成功させるためには、頭の位置がアドレス時と同様の位置にすることが大事です。クラブの入射角度は、自分の頭の位置でコントロールできます。
アッパーブローでインパクトする場合は、頭の位置をアドレス時よりも後ろに残します。
力の伝え方次第で飛距離は大きく変わりますので、インパクトは大切ですね。

 

・上半身をひねる!下半身は土台!
簡単に説明すると下半身を固定し、上半身をひねることで上下体のねじれが生じます。
反動をつけるために後ろに引く動作をテークバックといいます。このテークバックを大きくする際、下半身は極力動かさずに、上半身だけを可能な限り回転させるで、うまく反動が付きます。

 

・上半身のみをひねるコツ
片足と両手を引っ張り合うことで、インパクト時に加速され、フォロー後のパワーが存分に発揮されます。インパクト時のべた足を意識すると、入射角が安定し、自然なフォームになります。

 

飛距離を伸ばすのに大切なのは、インパクト時の頭の位置とスイング中のテークバックです。インパクトはドライバーからボールに力を伝えるタイミングです。いくらパワーが強くても伝わり方がイマイチだと飛距離も伸びません。スイングの反動をつけるテークバックとうまく調和することで飛距離もぐーんと伸びます。
長年の癖がついている場合もありますので、この機会に2つのポイントを見直してみてはいかがでしょうか。

 

参考サイト:飛ぶドライバー

このページの先頭へ