MENU

ゴルフの飛距離アップに向けての2つのアプローチ

「ゴルフは上がってなんぼ!飛距離だけじゃない!」と思ってみても、やっぱり年齢とともに飛距離が落ちていくのは悲しい現実です。

 

特にドライバーショットでの爽快なないしショットはアマチュアゴルファーにとっては大きな喜びですが、ついこないだまで越せていたハザードが越せなくなったり、まだまだ若いものには負けないと思っていたのがナイスショットしたつもりでもオーバードライブされていたりといったことに直面してしまします。

 

そして、何よりも大事なスコアにも結び付くものです。ティーショットでの飛距離が落ちると、例え正確なドライバーショットでフェアウェーをとらえたとしても、次に持つクラブの番手が間違いなくあがってきます。

 

番手があがるということはショットの精度が落ちるということで、グリーンをとらえる確率もグッと落ちてくることになり、それを補おうために今まで以上に正確なアプローチやパッティングの技術が必要になります。

 

つまり、非常に緊張しっぱなしのゴルフを強いられることになります。それは、それで熟練ゴルファーにとっては腕の見せ所かもしれませんが、やはり長くて難易度の高いミドルホールでのツーオンやロングホールでのツーオンなんかはゴルフの醍醐味のひとつです。

 

それらを解決して、爽快なゴルフを楽しむにはやはりティーショット、ドライバーでの飛距離が欲しくなります。昔のようにパーシモンや糸巻といったクラブのバリエーションない時代なら、年齢とともにくる飛距離の衰えというのは我慢するしかなかったと思いますが、今は、道具類が進化していますから、極端な話をすれば飛距離はお金で買える時代です。

 

ボール一つをとっても、プレーヤーのヘッドスピードと目的に応じたボールが用意されていますし、なによりクラブの進化が補ってくれることが多いです。ここでは、飛距離アップに向けてのクラブ選びについて考えてみます。

 

飛距離アップに向けては二つの方法論(アプローチ)があります。少し物理の問題になりますが、動く物体(クラブヘッド)がもつエネルギー(最終的にはボールに与える力、つまり飛距離)を決定する要素には二つのものがあります。

 

「速度」と「重量」です。速度を上げるにはインパクトの瞬間に速くふればいいのですが、フィジカルな面のトレーニングだけでは、飛距離が落ちてきたベテランゴルファーには無理なものがあります。これを達成するには、クラブを長くすることです。

 

長くすると単純に同じスピードで振っていてもヘッドのスピードは上がります。しかし、ここで問題になるのは長くなれば振りづらさが出てきて正確性にも欠けてくるということです。一昔前にも長尺ブームがありましたが、この壁を超えるのはなかなかでした。

 

しかし、その後の研究開発の成果もあって今では驚くほど違和感のない長尺ドライバーもいろんなメーカーから出ています。もうひとつのアプローチである重さですが、重たいものがぶつかるとやはり衝撃が大きいです。

 

昔はシャフト、ヘッドともに素材の問題などもありクラブ全体でのバランスを保つために一定の枠をでることはなかなかできなかたですが、研究開発によって相対的にヘッドの重量をあげれるようにもなってきました。

 

その重さを利用することで、それによって強いインパクトを実現することができるようになりました。この分野でも各メーカーが重さやヘッドスピードとスピン量との関係も含めて、ベテランゴルファーにも最適なクラブを擁してくれています。

 

これらのシニア向けの飛距離アップを目指したクラブというと、リョーマゴルフカタナゴルフといったいわば地クラブメーカーが先駆けだった感がありますが、いまでは、ダンロップやブリジストン、海外ならタイトリストテーラーメードキャロウェイといったアスリート系のイメージの強かったメーカーも力をいれるようになってきています。大ヒットを続ける「ゼクシオ」などにも当てはまる部分があります。

 

このように、重なっていく年齢はどうしようもないですが、飛距離をあきらめるのはまだ早いかもしれません。

 

カタナゴルフのドライバーが合わなかったらHAYABUSAがおすすめ!

このページの先頭へ