MENU

ゴルフの飛距離が落ちたと感じた時にすると効果的なトレーニング

ゴルフをしている男性でも年齢を重ねてくるとともにいろいろな部分で老化が始まってしまうので飛距離が落ちてしまうという事に悩まされてしまいます。特に筋力が低下してきてしまうのでゴルフのスイングをする時もかなり影響を受けてしまいます。そのため年齢を重ねてきて飛距離が落ちてきたなと感じたら筋力が低下してきたという事なので日常的に筋トレを取り入れてみるようにしましょう。

 

年齢を重ねてきた男性の場合はフィットネスクラブの器具などを使って筋トレしてしまうと負荷がかかってしまうので自宅で出来る筋トレを日常的に取り入れた方がいいです。ゴルフのスイングをする時は全身を使うので腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットを取り入れてみるといいでしょう。あまり無理して多い回数で筋トレしてしまうと筋肉を傷めてしまう可能性があるので自分に合った回数を設定して行うというのが大切です。まずそれぞれを10回3セットぐらいから始めてみて体が慣れてきたら20回、30回と増やしていくといいでしょう。自宅で出来る筋トレは回数が少なくてもいいので続けるという事が大切です。筋トレを続ける事によって筋力も徐々に強化されていくので頑張っていきましょう。

 

ゴルフのスイングをする時に筋力を強化するという事も大切ですが、体の使い方というのも大切になってきます。特に体が固くなってしまっていると上手く使えなくなってきてスイングする時に力が入らなくなります。そのため筋力を強化しても意味がなくなってしまうので体の柔軟性を高めておくという事も大切になってきます。ゴルフのスイングをする時に一番重要な動きとなるのが腰をひねるという事でしょう。そのため腰のひねりがスムーズになるようなストレッチを日常的に取り入れていくと効果的です。

 

筋トレやストレッチを日常的にしていると全身に疲労が溜まりやすくなってきます。特に年齢を重ねてきた男性だとより疲労が溜まってしまうのでクールダウンというのも必要になってきます。そこで気分転換を兼ねてウォーキングを取り入れてみるようにしましょう。自然を感じられる中をウォーキングするだけでも筋肉にたまった疲労を排出する事が出来てしかも気分転換にもなります。また筋トレやストレッチを長い間続けるとなるとケガのリスクも少なからずあるのでウォーキングしてクールダウンをする事によってケガのリスクも抑える事が出来ます。安全かつ効果的に筋トレやストレッチをしていくにはクールダウンをするという事はとても重要なのです。

 

飛ぶドライバー

このページの先頭へ