MENU

ゴルフスイングのスライスの治し方を教えて下さい?

ゴルフをなさる方の多くが、スライスに悩まされていると言っても過言ではありません。
スコアメークにはこの悩みから解放されることが絶対条件となってきます。
こちらはスイングを直すことで格段に改善することができます。
しかしその過程ではいくつかのコツをマスターしなければなりません。
ここではそのゴルフスイングでのスライスの治し方について紹介しましょう。
そもそもスライスの原因がアウトサイドイン軌道のカット打ちにあると思っていらっしゃる方が多いですが、それ以外の大きな原因があります。
それはオープンフェースでのインパクトです。
オープンフェースになってしまうと、スイングがアウトサイドイン軌道になってしまいます。
すると打球が大きく右へ曲がることにつながるのです。
ですからカット打ちの矯正を行っても治らない場合には、スイング軌道ではなくインパクト時のフェースに注意を向けてみましょう。
インサイドアウト軌道になればスライスしなくなるはずです。
次のコツはボールの右側面を見るように構えることが必要です。
このようにするとオープンフェースになりづらいです。
それは背骨が右に傾くことにより、体の右サイドが前に突っ込まなくなるからです。
引っ掛けスライスで左に打ち出すことが多い方は、特にこれが突っ込んでいる場合が多いので、このようなところへ注意することが必要と言えるでしょう。
また右へ打ち出してしまうプッシュスライスが多い方の場合は、ボールを右へ置きすぎる傾向があるとされています。

ですから左胸の前を基準として、ボールをしっかり打ちやすい位置にセットするように心がけましょう。
またハーフウエーバックで左手親指を真上に向けるというコツもあります。
こちらもオープンフェースでのインパクトをさけ、バックスイングで正確にフェースを開くことにつながるものです。
引っ掛けスライスの場合も、またプッシュスライスの場合にも、バックスイングの段階で腕が旋回しないためシャットフェースのトップになってしまっているので、このようなことに気をつけましょう。

このページの先頭へ