MENU

ゴルフスイングのフックの修正方法について教えて下さい。

ゴルファーを悩ませる大きな要因の1つに、フックショットがあります。プロであれば意図的にフックさせる場合はあるものの、多くの人がきっと修正には四苦八苦していることでしょう。今回はその具体的な修正方法について触れていきます。
まずフックショットは、球に強烈な左回転のスピンが掛かることで起こります。ですので根本的には、それを防ぐスイングにしないと改善はされません。つまり球に対して、クラブの面が真っ直ぐキレイに当たる必要があるのです。そこで最初に、普段のスイングが手打ちになっていないか確認してみましょう。
手打ちとは、簡単に言えば身体と連動したスイングができていないことを指します。インパクトの際に手首だけを使ってしまうと手打ちになりやすいですので、しっかり腕全体を使ってのスイングを心掛けてみましょう。そのためには身体全体の力を抜いて、ゆったりとスイングしなければなりません。特にドライバーショットでは少しでも遠くに飛ばそうと、身体に力を入れ過ぎてしまう人が多いです。しかしそれでは肝心のインパクトの瞬間に手先だけで球を打ってしまいますので、あくまで腕全体を使うことを忘れないでください。
そして、グリップの握り方にも注目です。左手の甲が上向きになり右手を下から握っているような形になっていれば、それはフックグリップと呼ばれるフックになりやすい握り方になります。これはアイアンを使うときに出やすく、初心者の人がよくやってしまう形でもあります。
他にはグリップの位置が、身体の左側に寄っている可能性も考慮しなくてはなりません。こちらはハンドファーストと言われますが、グリップを身体の正面の位置に置いて打つだけでも、相当フックショットの修正が見込めます。もしも自分で正しい位置やスイングが把握できなければ、鏡の前で練習するのがいいでしょう。他者視点から修正のポイントを確認できますし、自宅で簡単に取り組めます。少しの意識からフックショットは改善されますので、積極的に修正を目指してみましょう。

このページの先頭へ