MENU

ゴルフスイングのシャンクの治しかたのアドバイスをお願いします?

シャンクはゴルフでは嫌なミスショットの一つといえるでしょう。出来るだけシャンクをしないようにしたいものですが、これがおきる原因の一つと考えられるのがスイングの時に両腕がもしくは片腕が胴体から離れてしまっているということが考えられます。腕が離れるとスイングの軌道がずれることになるのでボールを正しい位置で撃つことが出来なくなり、シャフトに当たってしまいシャンクとなるというわけです。
ですから、これを直すには、正しいスイングでボールを打つことが大切ということになります。では、どうやって正しいスイングにしていくのかというと、腕が胴体から離れないように正しい姿勢でグリップに入ります。この時に体が硬直しないように、最初からこの形で入るのではなく、両腕を頭の上に一度持ち上げてそこから腕を下におろしていきます。こうすると自然に胴体に両腕がくっついた状態でアドレスに入れるようになります。筋肉というのは同じ姿勢でいると硬直をしてしまうことになります。これを無理やり動かすと、なかなか思うように動きません。ですから、まず体を解した状態でアドレスに入るわけです。
そして、次に正しいフォームでボールを打てばいいのですが、これが力が入っていたりするとなかなか正しいフォームになりません。特に多いのは手打ちとなるケースです。手打ちというのは胴体が回転しないで手だけで打ってしまうので、フォームがばらついてしまいシャンクしやすくなるわけです。ゴルフのスイングの基本は胴体を回して打つことですから、この基本が忠実に出来るようにすることが大切です。つまり、スイングにおいては、腰や肩の回転で打つということを意識するようにするといいでしょう。特に緊張してくると手打ちとなるケースが多くなります。そのため、打つ前には何度か空振りでフォームをチェックしておくといいでしょう。注意点は手打ちにならないようにすること、胴体の回転で打つということを意識することです。

このページの先頭へ