MENU

ゴルフスイングの飛距離アップのコツを教えて下さい?

ゴルフをプレイする上で誰にとっても課題となる要素に、飛距離アップというものがあります。
スイングを矯正することで、より遠くまで飛ばすことができるようになるのですが、それにはコツが必要になると言われています。
ここではその飛距離アップのコツについて紹介しましょう。
一つ目のコツはインパクトでフェースが開かないように注意することです。
フェースをオープンな状態にしてしまうと、同じヘッドスピードであっても30ヤード程度飛距離が短くなってしまいます。
ではこのような状況の理由はどこにあるのでしょうか。
それはグリップの握り方です。
グリップした時に左手が浅くなってしまい、結果的にウィークグリップになってしまうことで、フェースがオープンになってしまうのです。
またもう一つの原因としては、クラブを振り上げるテークバックの段階でフェースを開いてしまっている場合もあります。
これの矯正には2本のクラブを片手で1本ずつ持ち、ハーフバックまで上げる練習をしましょう。
クラブがクロスしてしまっている場合は、そうならないように注意してください。
次の飛距離アップのコツは、インサイドから正しい軸回転でボールを捉えることです。
遠くまで飛ばされる人は体の軸回転に合わせて肩が自然に回転します。
顔の向きもこれに連動して動きます。
一方で頭を動かさない意識が強くなってしまうと、体の回転が浅くなってしまい、重心がずれてしまいます。
この状態では打球に力が乗らないので、あまり飛距離は伸びません。

ですから自然な体の軸回転を意識することが必要なのです。
またダウンスイングで下半身のリードをマスターすることも、コツの一つです。
下半身リードは先ほど述べた自然な体の軸回転に大きな影響を及ぼします。
もし下半身リードができていない場合には、腰の動きが止まってしまい手打ちになってしまいます。
このような状態の方は、インパクトの段階で左のお尻をアドレスの位置に戻すことを意識しましょう。

このページの先頭へ